Mariesh ── Favorites『音楽・ドラマ・映画・コンバット!』

Mariesh | On the scene ← My Main site
◇ 音楽、画面、日常、最近特別コンバット!&懐かしドラマに関する note です ◇

Google
 
Web blog.mariesh.com
mariesh.com arting.mariesh.com
ついに野生化したリチャード警部補と、じわじわ面白いアウェイク
ミステリー・イン・パラダイス、シーズン1の最終話でご本人がおっしゃってたのだから間違いない。あの堅物の内なる野生がついに目覚め、何と信じられない事に砂浜に座ってビールを飲んだという──砂浜とお尻の間には椅子が挟まっていたとは言え……。署長の罠(?)にハマって、冬が近づいて吐く息も白く、霜が降って足下がシャリシャリいってるというロンドンの話を聞いただけで異常に嬉しそうに「そんなに寒いのか」とヒャラヒャラというかしゃりしゃりというべきか笑っていた警部補、そのロンドンに帰りそこねてガックリ来ていたけれど、でもそれで目出度くシーズン2もあるっちゅうんだからいいじゃないか(笑)

それにしても私は野生化という言葉の意味を全く知らなかったなあ〜、うむむ。もっともあの基準に照らし合わせたら、世の中ほとんど猛獣野獣珍獣害獣だらけになってしまいますですことよ、実にまったく。

最初にドカンと、どでかい謎をブチ上げた割に、後がただの人間ドラマになってしまうようなわりと良くあるドラマと違って、凄く地味〜に始まったアウェイク、実際問題何がどうなってるのかワケの分からないまま普通に淡々と両方の現実を交互に起きては生き、起きては生きしながら、だんだん2つの世界が不思議なリンクを見せ始めて、回を重ねるほどにじわじわ〜っと面白くなってて、マイケル・ブリテン刑事のこれからがどうなって行くのかエラく興味深い今日この頃。ジェイソン・アイザックスやっぱりなかなかシブくていいなあ。ちょっとどうかした角度で鼻が大き過ぎるのがいまいちだけど、まあユダヤ系だから仕方がない(笑)か。

事故の原因というか陰謀が、昔ER部長やってた何とかいう名前を覚えてないあの女上司とどこかのお偉いさんらしいというコトも徐々に出始めてきつつあり、おまけに奥さんとポートランドへ引っ越すと、息子のレックス(!)との生活はどうなるんだろうという疑問も出て来てますます眼が離せない。

搬入まで後5日、グループ展の画面もようやくメドが立って来た。まだいくつか作って、その中からどれにするか決めようとは思っているけど……まあ何とかなるだろうから、今週は『ローマ法王の休日』を観に行けるかも?──さてさて、どうかなあ〜。
21:35 | REX & dramas | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ミステリー・イン・パラダイス
レゲエの明るいリズムにちっとも乗らないままで来た(?)頑なリチャード・プール警部補のドラマも今日で再終話が放映される──というか、今日は昼っぱらから全8話一挙放映やってるみたい。ラストだけ録画予約しているので、まだ始まるのには時間がある。

上着を脱いだら? とかネクタイ外したら? とか言われても、そんな事は決してしないで真っ赤な顔して汗をかきかき拭き拭きせっせと仕事に励んで、ある時(多分第1話)ハッキリと聞かれた時の答えは「刑事だからな」

ええ〜、そうだったんだあ……刑事だからスーツにネクタイだったんだあ……でも、殺されてしまった前任者の警部補は何と言ったらいいんだろう、ハワイじゃないからアロハ・シャツとは言わないんだろうけど、あのテロンテロンの花柄のシャツに短パンというかバミューダ・パンツみたいのはいてたじゃん(笑)ねえ〜!

この刑事は、ロンドンをこよなく愛してるとは言うけれど、この人、絶対ロンドン警視庁の真っ只中でも、物凄〜く浮いてた人、根本的に変人系だと思う──もうこれは確信してますよ、ホントに。友達や恋人も気配すらなく、お誕生日にはパパとママが♪ハッピー・バースデイ♪の電話をかけて来ちゃう(笑)ぐらいなんだからして!

あ〜、面白い。カミール、ドウェイン、フィデルとのやり取りも笑えるし、カミールのママには、しょっちゅう失礼な事ばかり言って怒らせてるのに、けっこうみんなに愛されてるというか、推理が見事なので尊敬されているし、最初はシッシッと追い払おうとしていたトカゲだって水槽を買って来ていつの間にか仲良く一緒に暮らしちゃってるし……で、もうすぐラストが始まるので、そろそろTVをつけようっと。ちなみにAXNミステリーのサイトで見たら、シーズン2の制作も決定したとか。これはまた楽しみです。
19:50 | REX & dramas | comments(0) | trackbacks(0)| - |
REX7と、ルイス警部がなかなか面白い事について
何かここの所、あれこれ忙しさに追われてうかうか(笑)してるうちにREXはあっという間にシーズン7が先週から始まった。今夜8時からは第3、4話。

何と言うか予告篇を見ていて、唐突にアレックスとクリスティアンがいなくなり、それには何の説明もないとAXNミステリーのサイトで読んで、何じゃそりゃ?……と思っていたのだけれど、実にまったくウソみたいに2人は幻のように掻き消えてしまい、いくら何でもこれってどうなんだといささか問い質したい(笑)ぐらいの平然とし過ぎたやり方がある意味スゴい。シュトッキンガーは奥さんについてザルツブルグへ移動し、モーザーは殉職し、ヘララーは家業のレストランを継ぐためと毎回お別れ会があったコトにすっかりなじんでいたので、かな〜りの困惑感が……。にもかかわらず、Show must go on なんだなあ──まあ、主役&視ているお目当てはレックスなんだからいっか〜、ジャマイカ人間(古……笑)としては──例によって、怒濤の連続再放送もやってることだし。

それにしても、ベタアマ系アイドル上がり風クマゴロー(アレックスの青々を超えて、黒々!)の陽気なマークことアレクサンダー・プシルは視ていてけっこう暑苦しくってちょっと辛いものがあるけれど、確かシーズン6で、アレックスが飛んで来た壷に頭をぶつけて転倒、一瞬気絶……で、一目惚れした(笑)彼女を演っていたエルケ・ヴィンケンスのクールなニキはけっこう魅力的な気はするし、フリッツは相変わらずフリッツだし、レオもずうっとレオだから全然なじめなくて耐えられなくて悶絶したり(^。^;)する事はないだろう……。それよりAXNミステリーのサイトで読んでもっと驚いたのは、シーズン9からは相棒がまた新しくなるだけでなく、舞台までウィーンからローマに変わるとか!?──一体全体、どういう話の展開でそうなってしまうのか???──今からもうそれを妙に気にしている自分も自分なのだが……。

話は唐突に変わり、モース警部のスピンオフであるルイス警部が、なかなか面白いので最近けっこう熱心に視ている。モース主任警部ものとフロスト警部ものは日本で翻訳されて本として出ているモノは一応全部、読んでいるのでこれはもう、何と言うか視るのが当然というか視なくてはいけない(笑)ぐらいの気分で毎回録画しているのだけれど、ルイス警部は特に期待もなく、ずいぶん前から何だか電撃スパイ作戦のリチャード・バレット役ウィリアム・ゴーントとほっぺた系で似ている感じがするなあと思っていたケヴィン・ウェイトリーが主役なのでとりあえず視てみようと思って去年の11月頃から見始めたのだった。

最初は、相棒の部長刑事ジェームズ・ハサウェイ役のローレンス・フォックスが、長身痩躯で金髪を短く刈り込み、眉毛も金髪なので遠くから見ると眉毛がないように見えたりしてコワく、しかも眼窩は深く落ちくぼみ、顔に肉もほとんどついてないのでちょっと骸骨っぽい見た目でなんか陰険そう、しかも役柄がケンブリッジ出の元神父希望の神学者というインテリで……オックスフォード出のひらめき形天才で気難しく人使いの荒いモースの下でこき使われていたルイスは、警部になってまた相棒がインテリじゃあ何だか気の毒(笑)だなあ〜なんて思ったりしていたのだが、このハサウェイ、これが意外なほどいいヤツだったりして、しかもコンビを組んで数々の事件を解決しているうちにルイスの事を天才だと警視に言ったりして尊敬している感じが随所に見られ、はたまた2人のやり取りもかなり面白く、検死官のホブソンとルイスの関係もなかなか微笑ましいし……などなどなどなどで、『NCIS』『REX』につづいてお気に入りドラマになりつつあるという。imdbを見てみたら、本国でもまだ23話しか放映されていないらしい、現在進行形の新しいドラマなので、頑張って長いシリーズになって欲しいなと思っております。

さてもうそろそろ『REX7』が始まる時間なので、その前にちょっと腹ごしらえ(笑)でもしようかな。
19:35 | REX & dramas | comments(0) | trackbacks(0)| - |
Baby REX ── 久々のベイビイ・レックス、ついつい視てしまう……。
またまたシーズン1から連続放送やる直前のベイビイ・レックス……可愛い過ぎて笑っちゃうなあ〜。
CA3F0073.jpg
シェパードの子犬って、耳がやたらと大きくて、しかもすぐヘニャ〜と折れちゃうし、長〜いシッポは毛がフサフサしてなくて細くって、それを思いっきりピョコピョコ振りまくってバランスを取りながらヨレて走ってる姿は、ホントにまったく見ていて楽しい。また相棒のベニーもやけに可愛い少年だし。
CA3F00090001.jpg
つぶら過ぎる瞳とグラサンと(笑)
CA3F0075.jpg
CA3F0074.jpg
CA3F0072.jpg
いっぱい写真とって、IDカードも作って、


ベニーを助けるためなら、こんなチビ助の時から十八番のガラス窓ブチ破り!

悪いヤツらも全部、逮捕して、ベニー&レックスは地元の消防団(おじいちゃんの田舎の)で表彰されたのだった。それにしてもシェパードって、半年も経ったらあんなに大きくなっちゃうんだなあ〜。ホントのベイビイだったのは最初の30分だけだったもん(笑)
01:26 | REX & dramas | comments(0) | trackbacks(0)| - |
REX5/7、8 細長いモノは何でもくわえろ! の巻
正しいタイトルじゃありません──ホントのタイトルは『7/再犯』『8/皇后に魅せられた女』です。勝手に私が2話連続の共通点をブログのタイトルにしてみただけ(笑)です。それは何故かと申しますと……。

00:32 | REX & dramas | comments(0) | trackbacks(0)| - |
REX5/5、6 イタズラあれこれ
話の中身は何だかなあ〜……という感じなので、レックスのイタズラあれこれ。

ボールには当然ガブリと穴をあけフォーチュン・クッキーそっくりに。ひと泳ぎした後はアレックスに水分のおすそ分け。崩れた薪の下敷きになってもくわえたボールは放しません!……などなど、などなど。

アレックスの白シャツは粋な赤シャツに染めてあげ、クリスティアンにそそのかされてフリッツの手編みのベストをこっそり解き……それにしても、あんだけ解かれても一向に全く一切、気づいた気配すら見せないフリッツって、ボンヤリなんだかツワモノなんだか?

ま〜だ、ソーセージ・パンをうまく投げられないってのも、逆にスゴくないか、もしかして!?

そうやって、最後の最後で、バチバチいってる爆弾くわえて走る(!!!)レックス、アレックスは確かコマンドー部隊にいた時に相棒のアルコ(アルゴだったっけ?)を爆発で亡くしてたはずだから、ホントにゾッとしただろうけど、導火線を引っこ抜いてポイッと放っただけで、収まったのにはちょっとオドロいた……あんなに原始的な爆弾って最近なかなか見かけないです。
23:59 | REX & dramas | comments(0) | trackbacks(0)| - |
REX5/3、4『狙われた展示会』『隠ぺい工作』
ホームレスの謎の死を捜査するため、ビールやシナップスをいっぱい奢ってもサツには言わないとあっさり蹴られたフリッツに代わり、唐突にプチ潜入コスプレ捜査に入るレックス&アレックス。ジャジャ〜ンと妙に嬉しそうに登場したジャケット重ね着アレックスと赤いバンダナ巻いてるぜレックスがチームにお披露目。



それにしてもギデオン・ブルクハルトって、とっても物凄く相当なハンサムだと思う、思うのだが見るたびに何かヘン──ヘララーに青白いと言われたほどの色白にヒゲの剃り跡が青々と広範囲に渡りクマゴロー寸前、その中にまるで10代の少女のような真っ赤過ぎるたらこ系唇、角度によってはしばしばつながってるように見える眉毛、笑顔の時に時々引き攣ってるように見える眼、などなど、などなど突っ込みどころ満載過ぎる超ハンサム(笑)なんだもんなあ〜。いやしかしそれでも、シーズン4からだけ視ていた時にはまだ、背も高く鍛え込んだスラリと均整のとれた身体つき、長〜い睫毛に低音のいい声で、時々何かヘンだけど、2枚目だよねぇ、うん、2枚目だなあ〜と思っていたのだ、マジに。

でもなあ……シーズン1からの連続放送で、『10/殺人鬼(原題は“精神錯乱”だとか。この方がピッタリ)』にゲストのシュテファン・ランツ役で登場、最初の数分は誰だか気づかずハデなパジャマがお似合いのエラくハンサムなゲストが出て来たなと思いつつ、あ〜何だと気づいた後には、エイズに感染したと思い込み、若手エリートばかりらしきご乱行お楽しみ仲間を自分一人が裏切られたと逆上して次々に殺して行き、最後にモーザーに追いつめられて、涙と傷でグシャグシャになった顔で「バラ色の人生だったのにィ!!」と叫んだ時には思わず呆気にとられ、直後に失笑──それ以来、どうもアレックスのヘンな部分ばっかりに眼が行くようになってしまったのが、良かったんだか悪かったんだか?……(笑)



犯人が博物館にサリンをまこうとする深刻な事件のわりにはそれほど緊迫感がなかった気がするストーリーは横に置いといて、ちょっとモンクさん症状持ちの新入りフリッツはまだソーセージ・パンの配布方法に慣れていない模様。

4話目も話自体は、ん〜何だかなあ……な感じだったけど、レックスにとってはハンモック落っことし技なんて軽い軽い、僕にはソーセージ・パン、アレックスにはドッグフード(笑)のシーンや



最後の並んだ車の屋根から屋根への連続ジャンプ追跡の大技で、犯人逮捕、最後はご褒美の骸骨ドッグフードで今回も目出度し目出度し。

あ、コスプレで不意に思い出したけど、同日放映『NCIS8/第6話』のラスト、トニーのトラボルタ・コスプレは有り得ないほどヒサン(ジヴァに「太ったエルヴィス?」とか言われたりするほど……笑)だった……いや〜、ビックリしたホントに。
19:20 | REX & dramas | comments(0) | trackbacks(0)| - |
2012.01.15のつぶやきREX5第2話のラスト・シーン
01:53
キャッチしようと待ち構えていた両手を使えなくてボー然としているアレックスとまじまじとフリッツを視るクリスティアン。それにしてもアレックス、確かについさっきまで気絶していたけど、こんなに虚ろになっちゃうってのがスゴい。 http://t.co/TXR4V6eU
01:55
同じく横に丁寧に置かれたソーセージ・パンを見て思わずフリッツを見上げるレックス。 http://t.co/f8XbyHJb
01:57
「投げるんだよ、フリッツ。投げるんだ」このチームではソーセージ・パンは食べるよりも前に投げるものなんだなあ〜、実にまったく!──この2人、事件の時にこんなに真剣な顔をしていた事があったかどうか……? http://t.co/BWzFNJDD
03:02 | REX & dramas | - | -| - |
来週からはじまるREX5で、今日初めて知った事について。
去年からかなり楽しみに待っている『REX 5』で、前回 imdb で見た時、シーズン5の途中でレックスの初代と2代目が入れ替わると書いてあったので、いったい何話目からなんだろうと興味を持って、今日初めて AXN Mystery のエピソードと imdb を見比べてみたら、本国オーストリアでの本来のシーズン分けと現在日本での放映では5話もズレていて、実は日本で連続放映されていた、『REX 4』の第14話『敗者の逆襲/Der Verlierer』と第15話『見せかけの優しさ/Trugerische Nahe』でレックスが交代していたという事が判明。

え〜、もうすでにレジナルド・フォン・レーヴェンホルスト(ラッフェンホルスト?)からレット・バトラーへとバトンタッチしていたのに、全く気づいていなかった(笑)んだ〜! と……。

これはもう一回この2話をよ〜く見直して違いを発見出来るかどうか確かめないと。

初代は1991.6.1にドイツで生まれ、2003年に11歳で亡くなってしまっているそうな。 2代目の詳細情報はなくて、ベイビー・レックスとレックスの最終話まで出演という事が分かっただけだった。

グーグルの画像検索で、Reginald von Ravenhorst だとレックスの写真がゾロゾロ出て来るんだけれど、Rhett Butler だとほとんど『風と共に去りぬ』のクラーク・ゲイブルの写真ばっかりがゾロゾロ出て来て、思わず笑ってしまった……。

さて、初代の最後のエピソードがこれ。気球に乗って楽しそうに景色を見てたコレコレ!



2代目の初登場エピソードがこちら。アレックスのカンニングのお手伝いをしたり、馬とお友達になった(笑)り……。



う〜んん、全然、違いが分からん。ギブスに「烏賊は全部同じに見えるか?」と言われそう……。

ただ物凄く大きい違いは確かに一つだけはある。リヒャルト"ヤー、モーザー、ヤー"モーザーに女が出来た時には焼き餅焼きまくりで邪魔ばっかりしていたレックスが、アレックス"どんだけースーパー(笑)なんだ!"ブラントナーに、初めて恋人になるかも知れない鑑識の彼女が現れた時には、何か凄〜く応援しちゃってるレックスという──これは前に見ていた時にも気づいていたけど、レックスも大人になったってことなのかな〜と思っていたが、もしかしたら、この2頭が本来持ってる性格の違いだったりして??
04:26 | REX & dramas | comments(0) | trackbacks(0)| - |