Mariesh ── Favorites『音楽・ドラマ・映画・コンバット!』

Mariesh | On the scene ← My Main site
◇ 音楽、画面、日常、最近特別コンバット!&懐かしドラマに関する note です ◇

Google
 
Web blog.mariesh.com
mariesh.com arting.mariesh.com
<< 【 In Focus AWARD 】に参加してます | TOP | コンバット!第48話『銃眼』 >>
コンバット!第47話『傷だらけの守備隊』
061127──47/傷だらけの守備隊/Gideon's Army/631231/16-S2(052)
チャールズ・B・スミス/ジョン・ペイサー/リチャード・ジェッケル(バックスマン軍曹)ミルトン・セルツァー(グリンスキー大佐)

強制収容所って、コンバットでははじめて出て来ましたが、フランスの片田舎にポーランド人を収容している施設というのは、あちこちによくあったのかそれとも珍しい場所だったんでしょうか?……と疑問を感じたのでちょっと調べてみたら、当時、フランス各地に収容所は作られていたらしいですね──『コンバット!』はずう〜っと見ていても、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線のことなど、ほとんど何も知らないに等しいので今さらながら勉強になります。

ポーランド人の代表者のミルトン・セルツァー(1918.10.25〜2006.10.21)の役がimdbなどでcolonel(大佐)となっているので、この人たちも軍人だったという設定なのかな?──ポーランド人で強制収容所に入れられた人は民間人が多かったと読んだので、そこらへんはどうなんだろうと思いました。そんなこんなで疑問を感じたので、もっとよくcombatfan.comを読んでみたら、この設定自体にはちょっと無理があったようですね──あの収容所はフランス人で満たされるべきだった、という風に書いてありました。

それで素朴な疑問は何となく解けました……(笑)

サンダース軍曹たちに捕まったドイツ兵のリチャード・ジェッケル(1926.10.10〜1997.06.14)もよく見るお馴染みの顔なんですが、この人は1943年から出ているので、青春スター(?)だったのかも……。だからやっぱり、リストが長い。

それにしても、ミルトン・セルツァー氏は、つい一ヶ月ちょっと前に亡くなったばかりなんですね、88才直前で。コンバットがなかったら、調べることもなかったであろう俳優さんですが、何となく感慨深いものが……。最後の出演が1995年の『女刑事キャグニー&レイシー』のシリーズ(1982〜1988)が終わった後の単発スペシャル(?)らしいのも、目を引きました。

ところで、今日はこれを書きはじめる前に『ローハイド』を横目で見ていたのですが、サマンサの旦那、ダーリンがカウボーイ姿で出て来たのでエラくビックリ(笑)しました。何しろ記憶の中ではダーリン以外に見たことがないぐらいに、ディック・ヨーク(1928.09.04〜1992.02.20)は他のイメージがありませんでしたから……。『奥様は魔女』以前には、結構色々と出ていたんですね。以降は二つしか表記されていないので、ダーリン以外を知らないというのはそんなにヘンでもなさそうです。

以前に謎の兵隊さんのBBSで教えていただいた『バンド・オブ・ブラザーズ』の『5/岐路』『6/衛生兵』『7/雪原の死闘』をやっと見ました。

抑えた青っぽい色調の、幻想的といってもいいような映像と、戦闘シーンや負傷場面のリアルさなどなど凄い迫力なんですが、その戦闘シーンなどでリアルさを追求しているからだとは思うのですが、時にあまりにもカメラがガクガクと激しく揺れるのが結構キツいというか、見ていてちょっとクラクラ眩暈がしそうになってしまいました。

3回分を見ただけなのでよく分かってない事が多いんですが、それにしても無茶苦茶過酷だったんだなという事だけはビリビリと感じました……。いや、凄まじい。
03:00 | コンバット!3 | comments(2) | trackbacks(1)| - |

コメント
リチャード・ジェッケルは大好きでした。コンバットに出てるの見てびっくりしました。しかもこのクラスでゲスト・スターでオープニングでクレジットされてなくて二度びっくり。この頃でもかなり知れた顔ですよ。一番古いのでは確か1943年の「ガダルカナル・ダイアリー」でとっても若い金髪の少年兵でした。その後はアルドリッチ一家として「攻撃」や「特攻大作戦」、マクラグレンの「コマンド戦略」ポール・ニューマン初監督の「わが緑の大地」(タイトルあやふや)では確かアカデミー助演賞候補になったような。「ジョーズ」コピーの「グリズリー」ではロバート・ショー役。
私の中では20代から40代まで同じ顔の万年青年ではロディー・マクドウォールと並ぶ大好きな俳優で、これまた大好きなコンバットにまったく抜き打ちのようにゲストで出てると知って大喜びしたものでした。
2006/11/29 8:31 AM by onepukapuka
オープニングのクレジットは時々不思議な気がしますね。今見て不思議なのは当たり前にしても、当時ですでにそうだったケースもけっこうあるんですか……、なるほど。
ロディ・マクドウォールは『我が谷は緑なりき』やラッシーものの『家路』頃からだから、ホントの子役出身でしたね。若い頃から出てる人って老けにくい(?)のか……(笑)
2006/11/30 1:37 AM by Mariesh
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2006/11/29 11:47 AM
とても良いブログですね♪お気に入りに追加いたしました、良かったら私のブログも見てくださいね♪出来れば相互リンクもしたいんですが可能ですか?
音楽ダウンロード