Mariesh ── Favorites『音楽・ドラマ・映画・コンバット!』

Mariesh | On the scene ← My Main site
◇ 音楽、画面、日常、最近特別コンバット!&懐かしドラマに関する note です ◇

Google
 
Web blog.mariesh.com
mariesh.com arting.mariesh.com
<< コンバット!第90話『遅すぎた連絡』 | TOP | ナイト・パトロールに繰り出そうかと、3人衆 >>
コンバット!第91話『脱獄囚』
071117──91/脱獄囚/The Convict/650216/22-S3(086)
ケイ・レナード&ジェス・カーネル/バーナード・マクヴィティ/ギルバート・ローランド(ブーランジェ)クライヴ・クラーク(ピエール)

父親と息子の再会では、必ず父親の方に問題があるというのがコンバットの定番なのでしょうか?──初期の『13/父と子』を思い出しました。どちらも息子には正しく立派な父親であると思いつづけてもらいたいけれど、後ろ暗い秘密のあるお父さんでしたが、最後には自分の身を犠牲にしてという……。

今回登場した機関車はやっぱり列車作戦の時と同じモノ、でしょうか……周囲の景色もとても似てましたし。

ゲストのギルバート・ローランド(1905.12.11〜1994.05.15)は超ベテランです。1923年からリストがあって沢山、色々出演作がありますが、懐かしドラマつながりでは、『逃亡者』でヴァオリンを習っているメキシコ系の青年(トム・ナルディーニ)の父親役で出てました。

コンバットに出てくるフランスの若者役の人って何故か雰囲気がみな似ていて、息子ピエール役のクライブ・クラーク(1945〜2005.06.22)も何か見た事あるような気がしましたが、コンバットにはこれだけの模様。きっと他で見たのかも……。

さて、直後の『スター・トレック/光るめだま』に『79/大きな蠅』のゲストだったゲイリー・ロックウッドが登場してました。超能力に目覚めた証拠(?)の光るめだまがコワかった(笑)けれど、いつも無駄にお色気シーンがあるカーク船長を差し置いてサリー・ケラーマン(この人も後になって光るめだまに……)の心を虜にしてらっしゃいました。

さどるあっぷさんに教えていただいた11/16(金)の報道ステーション特集『なつかしの海外ドラマ』を録画して後で見ました──同じ時間帯に『ジョンQ』をやっていて、ちょうど9月にマイケル・ムーアの『シッコ』を見ていたので、前に見た時より一層アメリカのあまりにも冷酷非道な保険制度がリアルに感じられたのですが、この中でスワットの隊員(サンダースの超有名な決め台詞をこんなヤツに言ってもらいたくないけれど!……笑)が「チェックメイト・キング2、こちらホワイト・ルーク」なんて台詞を言っていて、そのあまりにも絶妙なタイミングには、これぞシンクロニシティかっ(そんなオーバーな)と思ったりも。

今回のBSでの放映がはじまって『コンバット!』もほぼ5分の3まで来ました。報道ステーションでも取り上げられていた、この貴重なオリジナル吹き替え版でのコンバットは、現時点で発売されているDVDでは全話見る事が出来ません──すなわちTV放映しか頼れる所はない、という重要な使命(笑)を担っているのですから、何が何でも全話放映を遂行して頂きたいと強〜く願っております。もし万が一途中で終わってしまったら、今回のような特集を組んだよしみというか責任で、TV朝日さんに引き継いでもらわんといけませんよね〜、マジメな話。

とにかく何卒、NHKさん、よろしくお願いします。
19:15 | コンバット!5 | comments(4) | trackbacks(1)| - |

コメント
>TV放映しか頼れる所はない、という重要な使命(笑)を担っている
もう赤字ですよね!
ゴシック太字フォント20位のイキオイです。

ありゃ何だ@ヘンリー
ピストル持った爺さんです@サンダース
この二人面白すぎます。
前々から感じていたのですが、軍曹って天然?(笑)
2007/11/20 9:33 PM by fura
このエピ、あの汽車が登場しなければならない理由はなに?
どう考えても、狩猟シーズンで、早々に現場から引き上げたいリック・ジェイスンを速やかに退場させるための小道具(いやでっかい)としか思えない。だって足怪我してるんだから、”じゃあな!”って一人で帰ったらおかしいし、一緒に行動すれば出番が増えて話が長くなるし・・・?
2007/11/20 11:19 PM by さどるあっぷ
furaさんのお言葉に倣って、デカ文字にしてみました〜(笑)

それにしても確かにこのやりとり、今さらながらおかしさがじわあっと来ますね。

さどるあっぷさん、思わずこんな妄想をしてしまいました。

汽車の中でいそいそと着替えながら「じいさん、コーベル・ワイナリーで落としてくれ」「ムッシュー、線路がありませんやね」ハンチングを被ってニヤリと笑いながら「いいんだ、TVなんだから!」と言い残し、疾走る汽車から颯爽と飛び下りる(外野の声「怪我、ケガ!」)リチャード・ジェイコブソンであった……。

これをジーン・レヴィット症候群と許可なく勝手に名づけてしまおうと……。
2007/11/21 6:27 PM by Mariesh
>ありゃ何だ@ヘンリー
ピストル持った爺さんです@サンダース

日本語を聞かなかったので、そんな面白い会話があったのかと、DVDでチェックしたら、英語では別になんてことはなくって・・・そのまんまでした。

しかし、ヘンリーの怪我があのじいさんの撃った弾のひとつだとしたら、運が悪いというかリトルジョンのおかぶを奪うドジではないでしょうか、少尉殿!
2007/11/23 12:58 AM by さどるあっぷ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.mariesh.com/trackback/698064
トラックバック
2007/11/19 12:51 AM
〈tv端会議〉力道山神話は健在、今もヒーロー朝日新聞「夢中になってテレビ中継で観戦したテニスのジョン・マッケンローさん。ラケットをたたきつけたりして、ちょっと『悪ガキ』ぶりを見せるところが、ファンにはたまらない。エンターテイナーだったと思う」(東京都・
酒好きブログ