Mariesh ── Favorites『音楽・ドラマ・映画・コンバット!』

Mariesh | On the scene ← My Main site
◇ 音楽、画面、日常、最近特別コンバット!&懐かしドラマに関する note です ◇

Google
 
Web blog.mariesh.com
mariesh.com arting.mariesh.com
<< コンバット!第103話『老兵来る』 | TOP | コンバット!第105話『沈黙の戦場』 >>
コンバット!第104話『敵中横断』
080301──104/敵中横断/Evasion/651019/6-S4(102)
エスター&ボブ・ミッチェル/ジョン・ペイサー/ロイド・ボクナー(ソーン少佐)

また今回も単独行動だったヘンリーさん、第4シーズンの出だし(ってもう中盤ですが)は、サンダース達の分隊は千客万来(?)で、ヘンリーさんはいつも1人というのが続いてますね。

『09/脱出の道なし』で、ドイツの軍服が無闇に男っぷりを上げていたヘンリーさん、アルバニアの軍服も予想どおりよ〜く似合います。

それにしてもえらく立派なお城でしたね〜。フランスのロワール地方にあるシュノンソー城だそうで、しかも川の中(上)に建っているというのはなかなか珍しい気が。橋がそのまま城になっているとか。面白いです──それがあの、ヘンリーさんのロープをつたっての脱出劇に生きるワケですね。何故かウォルト・デイヴィスさんではなく、アール・パーカーさんだそうですが。

リック・ジェイソンに負けず劣らずドイツの軍服が似合うゲスト、ソーン少佐のロイド・ボクナー(1924.07.29〜2005.10.29)はキザが板に付いた二枚目といった雰囲気で、美味しいものを食べるためなら危険は厭わないってのが、いいですね。パッと見イヤなヤツっぽい(笑)のに実はなかなかいいヤツで、冷静で大胆で食いしん坊な所が魅力的でした。階級はだいぶ上なのに友達みたいな態度だったし。生きて一緒に帰って欲しかったです。例によって沢山のドラマに出演してらっしゃいますが『ダイナスティ』に25エピソード、『バットマン』に10エピソード出演というのが多い所ですが、懐かしドラマシリーズでは『奥様は魔女』に1エピソード出て、『ローハイド』『逃亡者』『スタートレック』などには出てないらしいのがなかなか珍しいです。

つい2日ほど前の新聞にレナード・ローゼンマン氏(1924.09.07〜2008.03.04)の訃報が載っていました。一番お馴染みはもちろんコンバットのテーマ曲ですが、デビューが『エデンの東』で『ミクロの決死圏』『続&最後の猿の惑星』などなど沢山の映画やドラマで活躍された模様です。合掌。
03:48 | コンバット!5 | comments(8) | trackbacks(0)| - |

コメント
「ベンツかよ!」とテレビに向かって一言言わせて貰いました。
『長い帰り道』のドイツ軍服着たサンダースさんはたしか徒歩とトラックでしたよね!そうでしたよね!(←何か抗議してるらしい)
アルバニア軍服着たヘンリーさんがドイツの軍服が似合うソーン少佐を見て「勝った・・・」と心で呟いたに違いないに一票(笑)
恐るべし男前ヘンリー少隊長プロモーションビデオでした。
2008/03/08 3:22 PM by fura
「食ってるうちにやられるぞ。」というヘンリーの嫌な予感が的中して、本物のアルバニア兵が現われるというのは面白い展開でした。レストランで注文したメニューを参考までに挙げさせていただきます(角川の字幕は不完全です)。
・アーティチョ−クの芯とフォアグラ
・玉ねぎのスープ
・鶏のガーリックソース、グリーンピース添え
・サラダ
・ピノ・ブラン(白ワイン)
少佐役のロイド・ボクナー、調べたらカナダ生まれということでフランス語ができたのか、それともこのせりふだけを練習したのかはわかりませんが、いずれにしてもフランス語とドイツ語が話せるというあこがれの設定の役柄でした。
2008/03/08 3:23 PM by 補充兵N
furaさん、補充兵Nさん、敵の陣地から逃げ出すだけでもヘンリーさんだと衣装、乗り物、食べ物一切がいちいち豪華ですね〜。ホントに全く軍曹とは何たる違いでしょうかっ!!(笑)

ワタクシ勝手にリック・ジェイソンのコトをコスプレ俳優と呼んだりしてます……。

イギリス人は味が分からないみたいな話を昔聞いたコトがありますが、こんなグルメなメニューを滔々と注文したロイド・ボクナー、やっぱりフランス語圏のカナダ人なのかも知れませんね〜?
2008/03/09 3:22 PM by Mariesh
>リック・ジェイソンのコトをコスプレ俳優と呼んだりしてます……。
53話『人質の三人』のドイツ兵大尉が金パに染めてちょこっとメークしちゃったリックジェイソンに見えました。似てませんか?(笑)
小隊長ったらおちゃめだからドイツ兵に変装して軍曹達を驚かせているんですね(違います)
2008/03/10 7:49 AM by fura
リアルタイムで見てたはずなんですがほとんど覚えていない『コンバット』の中で、このエピの、ドイツ人の少年二人がヘンリーのことを怪しんで話しかけたり、挙句の果てに告げ口に行くシーンだけなぜか鮮明に覚えてます。不思議だ〜〜
2008/03/10 8:26 PM by さどるあっぷ
furaさんマーク・リッチマンですね、あの金髪大尉。全然気づいてません(包帯グルグルサンダース達に眼を奪われて?)でしたが……言われてみれば顔立ちそのものが結構似てるかも〜。で、何か急にヘンリーさんの金髪、見てみたくなっちゃったりして(笑)

さどるあっぷさん、そういうことってありますよね(と言いつつ具体的にパッと出て来ないワタクシですが……笑)
自分が子供だったから、子供の出てくる結構ハラハラ(主人公の危機!)するシーンで強く印象に残ってたんでしょうか……?
2008/03/11 7:48 PM by Mariesh
最近、BSフジで再放送されている、スパイ大作戦「カラスの刑務所」だったかに、ボーグナーが、その所長役で出ていました。

見た瞬間、コンバットの敵中横断で出ていたな、と思いました。
なつかしい。厳しい表情ながらも、どことなくユーモアを感じたのは、コンバットの敵中横断での彼のイメージがあったからでしょうか。
2017/06/19 1:01 PM by 正論太郎
正論太郎さん、こんにちは。スパイ大作戦も懐かしいですね。しばらく前にCATVで放映していた時、何回か視ましたが、カラスの刑務所というエピソードは視てないようです。

ところで、家では視られないCATVのFOX Classicsで、最近コンバット!を毎日朝、夜、夜中とつごう3回づつ放映してるらしいです。ちょっとサイトを覗いてみたら、今日は一枚のレコード、明日は小さな義勇兵……このタイトルだけで、色々思い出してますます懐かしい気分になってます☆
2017/06/21 8:22 PM by Mariesh
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://blog.mariesh.com/trackback/731433
トラックバック